当センターについて

目的・活動内容

佐久学園 国際交流教育センターの役割
当センターのメンバーは佐久学園佐久大学と信州短期大学部の国際的に活躍する教員と事務局員から構成されています。
国が異なれば医療や看護・介護に対する文化風習も大きく異なりますが、相手を思いやる気持ちや寄り添う気持ちに違いはありません。
当センターが実施する多くの国際研修を通じて「互いを知る」ことを学生が体験でき、学習する機会が多く提供されています。
これからも共生共存の社会づくり、そして世界に貢献できる人財の育成に邁進していきます。

センター長メッセージ

社会は、いまや高度化、多様化、国際化へと目まぐるしく変化しています。その中で私たちには、国際的な視野をもち、全ての人に公平なケアを実践することが求められており、多様な社会を体験し、学修する機会を得ることが必要です。
ケアの心を育て、国際的視点で社会を見られる様にするためには、学生を世界に送り出すこと、海外からの留学生や研修生との交流の機会を作り、学習・生活支援に努めていくことが大切であり、それを国際交流・教育センターの役割としています。

国際交流教育センター長

堀内ふきHORIUCHI FUKI

メンバー

  • 束田吉子TSUKADA YOSHIKO

    佐久大学客員教授

    専門
    国際看護論、国際開発(基盤領域)

    佐久地域の保健医療を学ぶために海外から来られる保健医療職の方々との交流は、とても楽しいことです。より多くの学生達が交流の機会に参加し世界とつながっていくことを期待しています。

  • 廣橋雅子HIROHASHI MASAKO

    佐久大学信州短期大学部 准教授

    専門
    外国人介護人材教育、アジア福祉政策

    From community to World.
    For our future society, we can learn together and develop together!

  • 菊池小百合KIKUCHI SAYURI

    佐久大学信州短期大学部 教授/ケアコース主任

    専門
    認知症ケア

    健康長寿佐久市にある佐久大学には、多くの海外からの研修生が訪れます。
    研修生とのふれあいを通し、国際的視野を広げるチャンスが多く企画されています。

  • 朴相俊SANGJUN PARK

    佐久大学准教授

    専門
    看護研究法・統計分析法ほか(基盤領域)

    生きる喜びと価値を「人・地域・世界」に伝えるためにこれからも研究と教育を続けていきたい!

  • 佐藤紀子SATO NORIKO

    佐久大学助手

    専門
    地域看護領域(公衆衛生)

    住む地域や言葉は違っても同じ地球人。ともに生きる仲間です。

  • 秋山賢一AKIYAMA KENICHI

    佐久学園事務局長

    国際交流ができるように語学を身につけたいと思っていますが、身につくのはぜい肉だけ。。。
    健康長寿佐久を体現できる様、当センター発信で海外との交流を推進して参ります。

  • 油井緑YUI MIDORI

    佐久学園職員

    本学から世界へ!国際に興味をもったらいつでも国際センターへどうぞ!!